結果ださなきゃ、プロだしね


by quatroro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カラーの基礎知識

泡とか
毒素を無害化する水とか
トリートメントカラーとか

ものすごく色々なカラー剤が出ています

これだけ出ていると美容師さんでない方は色々と混乱するでしょうから
今日はカラーについてまとめましょ

まとめる前に
これだけは解っていてほしいこと

明るくなるカラーは何がなんでも傷みます!
そこに魔法は存在しません


まずはここをクリック☆

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

さてまとめます

アルカリカラー
明るくなるカラーは全部これ
これ以外のカラーは全て明るくはなりません
アルカリ度が高いため髪にダメージがある
皮膚が弱い人はかぶれたり火傷のようになったりする。


ここから下は明るくなりません☆


酸性酸化染毛剤
アルカリ剤が入っていない為、髪が膨潤せず髪の内部までは浸透しない。
直接染料(ニトロ染料)と呼ばれるキューティクルに付着する染料が多めに配合されている為
染まりあがりが艶やかに見える。

マニキュア
マイナスイオンの酸性染料と髪表面のプラスイオンが結合し発色する
たんぱく質に染まりやすいという性質上、手や耳、えり足など、地肌につくと取れにくい。
色落ちするため染毛効果は早くて2週間、長くても1ヶ月程度。

新規染毛料
化粧品規制緩和により化粧品への配合が可能となった塩基性染料HC染料のこと。
これらの染料の色持ちは3週間程度で肌に染まりにくいと言う長所がある
また酸性染毛料では難しかったカチオン性界面活性剤(トリートメント)との相性が良いため
トリートメント性を持たせたカラートリートメントとしての製品化が可能。
HC染料にアルカリ還元剤を混ぜた、『地肌から塗れるマニキュア』もある。
(アルカリ還元剤で髪を膨潤させ、染料をねじ込む)
海藻で染まるやつとかはコレ

へナ
西アジア圏の生息する低木で、その葉を乾燥して粉末にしたもの。
明るくなったり色の種類があるケミカルヘナは
ジアミン系染料やフェノール系染料が配合されているため、
へナの良さが消えている

オハグロ式
まだあるんですねこういうのが
酸化染毛剤にかぶれやすい人でも使用できる場合がある、くらいがメリット
あとは
パーマはかかりづらくなるし、上からカラー塗ると緑になるし
すっごい使いづらい
太陽で染まるやつとかはコレ

市販のカラー
基本はアルカリカラーと一緒だけど
艶を出すためにシリコンとか直接染料とか入っている上に
アルカリも残り易い
しかも形状が泡だったり
その上自分でやると毛先まで染めちゃうし
髪にも肌にも良いことはないです

商売抜きで言いますが
止めたほうがいいです

忘れないでクリック☆

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

とまぁこれだけのものがありますし
これからも増えていくでしょう
良いのが出るかもしれないし

実際はただのアルカリカラーなのに女優とCG使って名前変えて売るものもあるでしょう
※個人的にはシャンプーでもカラー剤でもCMに出たらそのCMの商品しか使っちゃダメ
という法律を作っていただきたいww
水で無毒化するだとか
アイロンを使い続ければ髪が良くなるなんていうトンデモ理論もありますしね

結局何を言いたいか?っていったら
しっかりした美容院にいきましょってことです☆
[PR]
by quatroro | 2011-06-09 16:00 | 技術練習